皇子が丘公園の交通公園&冒険の砦/プール情報

公園
スポンサーリンク

3人の子供たちとのお出かけ先を「滋賀ママレポート」で綴るヒロです。

大津市にあり夏はプールでも人気の皇子が丘公園に遊びに行ってきました。

大きな珍しい遊具に、自然豊かな園内。小さな子供連れでもとっても楽しく遊べました。

訪問した際にプールも開場していたので、混雑具合を合わせてレポします。

スポンサーリンク

お城のような遊具

プールの前の駐車場に車を止めて、少し坂を登っていくと目の前にドーンと広がる不思議な遊具。

お城のようないでたちにびっくりです。

その遊具を上へ上へと登っていくと見慣れた遊具がありました。

ここのエリアは少し難易度が高いので、小さなお子さんには少し危ないかもしれません。

交通公園

遊具の場所から坂を登っていくと見えてくるのが交通公園。京滋バイパスに乗るときにも、道沿いにこの公園が見えており、以前より子供たちが興味津々でした。

汽車や飛行機をモチーフにした土管の遊具。中はひんやりして涼しかったです。

飛行機の遊具の中の土管のつなぎ目の部分が少し滑りやすくなっています。遊ぶ時はご注意くださいね。

交通公園に遊びに来るには、京滋バイパス方面に向かって左に曲がって、公園の西側にある駐車場を使うとアクセスが便利ですよ。

こちらの写真の黄色のあたりに駐車場があります。

緑豊かな遊歩道

この公園はアップダウンこそあるものの、木陰も多く休憩所も多いので、お散歩にはぴったりな公園でした。

私が訪れたのは8月でしたが、もう紅葉が見られました。

プール

この公園の人気の1つは夏期に開園するプールです。

2020年は7月23日〜8月23日が一般公開となっています。
午前(9〜12時)と午後(13〜16時)で各175人の人数制限があるため、開園時間にはすでに入場できないこともあります。

各時間の30分前に整理券を配布(1名4枚迄)しているようですが、開園時間には整理券がすでに配布終了となっていることも。

早い時は、朝の8時から午前の整理券ゲットの列が並び、午前10時から午後の整理券ゲットの列がプールの前にずらりとできるそうです。

しかし、整理券や人数制限のお陰で、プールの中は余裕があり、比較的遊びやすい環境になっていました。

プールの詳細はこちらです。

<遊べるプール>

  • 屋内プール:25m×6コース(温水)
  • 幼児プール:水深25〜50㎝で滑り台あり(屋外)
  • 屋外プール:50m×9コース

<営業情報>

  • 営業時間▶︎午前の部:9〜12時、午後の部:13〜16時
  • 休み▶︎毎週火曜日
  • 夏期の料金▶︎大人400円、中学生以上270円

【公式HP】皇子が丘公園プール

皇子ヶ丘公園の全貌

こちらは詳細な園内マップです。

緑豊かで自然にいっぱい囲まれた公園ですが、山沿いに設置されているため地図上部に向かって坂道になっています。

周囲は車通りの多い道ですが、公園の中の歩道には車が入ってっこれないように柵が立っているので、中の遊歩道は安心して歩くことができました。

簡略化された地図がこちらです。

京阪「京阪大津京」駅沿いの駐車場がメインですが、京滋バイパスに上がっていく道の近くにも駐車場があり、比較的空いているので交通公園が目的の場合は、こちらの駐車場が便利です。

トイレは男・女・多目的のあるトイレが所々にあります。

休憩所や木陰もあるので、ゆっくり休みながら遊ぶことができますが。
しかし自動販売機がプールか体育館まで下りないと見つからなかったので、水分補給は持参したほうがよさそうです。

施設情報

  • 住所▶︎大津市皇子が丘1丁目1-1
  • 連絡先▶︎077-525-0510
  • 営業▶︎午前8時40分〜午後9時
  • 設備▶︎トレイ、自動販売機、駐車場(無料)、体育館、グラウンド、テニスコート、プール(屋内外・温水)、弓道場
  • 公式HP▶︎皇子が丘公園

駐車場は、開演より少し前から開いている時もあるようです。ただ、大会や試合などが重なると大変混雑するので、事前にHPで予定を確認してから遊びにいくのがおすすめです。

コメント