大津市の清林パークは相撲が楽しめる土俵のある大きな公園

公園
スポンサーリンク

3人の子供たちとのお出かけ先を「滋賀ママレポート」で綴るヒロです。

大津市の北にあるびわこバレイのふもとにある清林パーク。

古来から相撲の行司の地として有名な町であり、その歴史を感じながら遊べる大きな公園でした。

駐車場・トイレ・大型遊具・自動販売機ありで子連れでのお出かけにはもってこいのスポットです♪

スポンサーリンク

本格的な土俵!?相撲の魅力が詰まった公園

園内には土俵さながらのスペースと、土俵に見立てた砂場がありました。

素敵だったのは時計塔。大太鼓の形をしており、とっても風情があります。

それもそのはず。

この志賀清林の町は国技でもある相撲の行司にゆかりのある街です。それを公園で表現し、子供たちでも気軽に遊べるようにしています。

緩やかなローラー滑り台

駐車場から直接滑り込める傾斜のゆるやかなローラー滑り台。

ローラーがすこし硬くなっており、滑りが悪い状態でした。100均で購入できるソリ用のシートを使うと多少は滑ることができました。

度胸試しの大型ネット

これは土俵の観覧席を見立てた遊具でしょうか。

すこし網目が大きいネットが棚田のようにかけられていました。6歳の娘はひょいひょいと登っていくことができましたが、4歳と1歳の息子には難しかったようです。

遊具も充実

遊具は小さい子供向け用と、もうすこしステップアップしたものと2種類設置されていました。

こちらは小さなお子さんでも遊びやすい遊具です。比較的低い作りで、滑り台もスライダー式です。

反対にこちらはもう少し大きめのお子さん用。

滑車がついていましたが、これも滑りが悪く遊べませんでした。ちょっと残念。

もちろん定番のブランコだってありますよ。

清林パークの全貌

駐車場はたっぷりスペースがあるので、混雑する心配は少ないです。

トイレや自動販売機もあるので、子供連れでも安心です。ゴミは持ち帰りです。

どすこい広場、ちびっこ広場、おうぎ広場はこのようになっています。

所々に木陰やベンチがあるので、休み休み遊ぶっことができました。

また、遊び場所から湖岸沿いの道にはがっつり柵があるので、小さなお子さんがふらふらと公園の外に出てしまう心配も少なかったです。

おうぎ広場をさらに上に登ると、「ぐんばい広場」という運動場のようなスペースがあります。

いつもの公園に飽きたら、ぜひ一度ドライブがてらに訪れてほしい公園です。

施設情報

  • 住所▶︎滋賀県大津市木戸1125−1
  • 駐車場▶︎あり
  • 設備▶︎トイレ、自動販売機、遊具
  • 公式HP▶︎清林パーク

コメント