びわこ地球市民の森の「冒険の森」の大型遊具は1日楽しい!

公園
スポンサーリンク

3人の子供たちとのお出かけ先を「滋賀ママレポート」で綴るヒロです。

守山市に平成26年に完成したびわこ地球市民の森にある「冒険の森」に子供たちと行ってきました!

☑ちょっと変わった大型遊具で楽しめる

☑ローラー滑り台もパイプの滑り台もある!

☑小さなお子さんと大きなお子さんで場所を分けて安全に遊べる

周りを見ても、レジャーシートやポップアップテントを持って遊びにきているご家族連れがたくさんいました。

大型遊具でガッツリ遊べる公園でした!

スポンサーリンク

6~12歳向けの遊具が楽し過ぎる!

これです。

ツリーハウスをモチーフにした遊具のようで、上の方に家のような屋根も見えますね。

大人の私が見ても、めっちゃ楽しそう~!!!

見晴らし最高のローラー滑り台

大型遊具の頂上からすらりと伸びるローラー滑り台。まるで四次元ポケットの中に入り込むような入口にワクワクが止まらないです。

カーブをきかせて、長い距離を滑り降ります!

子供の付き添いで一緒に滑りましたが、傾斜が緩やかなので、気持ちの良いスピードで滑り降りることができました。

急こう配でよく滑るパイプ滑り台!

見てください、この下からの様子を…!

2回転して、ほぼ直角に滑り降りてくるんです。

スタート地点ですら、すでに曲がっていて先が見えません。

こちらも子供の付き添いで滑ってみましたが、まぁよく滑ること滑ること!

長いベージュの滑り台と、短い赤い滑り台がありますが、どちらも滑り落ちるようにツルツルとゴールまで滑っていきます。

なかなかのスリルが味わえるので、ぜひみんなに滑ってほしい!!

他にも冒険気分が味わえる遊具がいっぱい!

3歳の息子がとても気に入っていたのがこのつり橋です。

6~12歳向けの遊具なんで、しっかりと大人がサポートしてわたっています。

網目の細かいロープや網が張り巡らされているのが、親としてもとっても安心です。

こちらは5歳の娘がハマった遊具です。

最近はどんどん難易度が高い遊具にチャレンジする娘。

公園に来るたびできることが増えるので、供たちの成長を感じずにはいられないですね…。

小さなお子さん向けの遊具もあります

冒険の森の歩道を挟んで向かいにあるのが小さい子向けの遊具です。

下の部分が砂場になっているので、柔らかくて安心ですね。

登り口も一般的なハシゴではなく、足元を確認しながら一歩一歩踏みしめるようなステップになっています。

前後合わせて3種類の滑り台があるので、少し混雑した時でも、分かれて遊ぶことができるのがうれしいですね。

その他の設備

びわこ地球市民の森は、大きな散策できる森になっており、遊具があるのは冒険の森のみになるようです。

冒険の森の周りにも大きな広場があるので、ボールや自転車を持ってきている方もたくさんいらっしゃいました。

休憩時には、ドリンクやアイスの自動販売機があります。

右手に見えるのは、足洗い場と手洗い場です。

トイレは「森づくりセンター」内にあります。

しかし、森づくりセンターは毎週月曜日がお休みです。月曜日に行かれる方は、駐車場奥にある屋外トイレが使えますよ。

「冒険の森」の最寄りの駐車場

画像参照: https://www.moridukuri.info/map/#parkmap_map_satonomori_box

びわこ地球市民の森は「ふるさとゾーン」「つどいのゾーン」「ふれあいゾーン」「里の森ゾーン」「出会いのゾーン」と、5つのゾーンからなる大きな施設になっています。

その中でも冒険の森があるのは「里の森ゾーン」です。その中にある森づくりセンター横の駐車場が冒険の森から一番近い駐車場になります。

車でお越しの方はナビを「 新・森づくりセンター(滋賀県守山市水保町2727)」で設定してくださいね。

私が行った日は、近隣の小学校の運動会の振り替え休日だったためか、午前10時を過ぎるとたくさんの方が遊びに来ていました。

午前9時45分頃は数台しか駐車していなかった車も、帰宅する午前11時頃には半分ほど駐車されていましたよ。

施設情報

住所▶滋賀県守山市水保町2727( 新・森づくりセンター)

開館▶8時30分~17時15分(月曜休み)

※冒険の森や駐車場は、月曜日でも使用できました。

公式HP▶ https://www.moridukuri.info/

合わせてチェックしたい滋賀の大型遊具がある公園

コメント